日本物理学会 2018年秋季大会 in 同志社大学京田辺キャンパス


9/19 ~ 9/12に日本物理学会2018年秋季大会が同志社大学京田辺キャンパスにて行われ、私たちの研究室も参加しました。

予定の都合上、皆で一緒に集まれなかったので一人だけ合成してます↓笑

 

 

 

私たちは今回、以下の内容で発表しました。

・オーラル

大貫先生「EuT2Ge2とEuT2Si2(T: 遷移金属)の特異な電子状態Ⅱ」

D3 垣花「立方晶キラル反強磁性体EuPtSiと関連する化合物の磁性」

M2 伊覇「EuSnPのドハース・ファンアルフェン効果と磁性」

M2 川勝「PbTeのドハース・ファンアルフェン効果と磁気抵抗」

 

・ポスター

M1 仲井間「PbX(X: S, Se, Te)のドハース・ファンアルフェン効果と磁気抵抗」

M1 松田「EuGe2の単結晶育成と電子状態」

M1 太田「Ti2Sn3のドハース・ファンアルフェン効果」


 

 

9/11の夜には【地鶏とお鍋 奈良町 雷門】にてお食事会も行いました。

竹内先生と仲村さん、比嘉さんも参加していただき非常に賑わい、楽しい会となりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です