トロピカル・トピカルミーティング


12月13日,14日に本学の50周年記念会館2F の多目的交流ラウンジで,新学術領域「J-Physics:多極子伝導系の物理」 Tropical Topical Meeting が開催されました。   [プログラム]

13日はLöhneysen 先生を交えて “Recent topics related with Quantum critical phenomena”と題して研究会が行われ,その中で大貫先生が「Valence instability in Eu-based compounds」というタイトルで講演されました。
翌14日は,“カイラル磁性体 EuPtSi の電子物性 ―研究の現状と今後の展開―” と題して研究会が行われました。その中で,大貫先生が「d, f 電子系カイラル磁性体の電子物性」,垣花君が「EuPtSi の巨視的物性」というタイトルで講演しました。

学内外から30人以上の関係者が参加して,大いに盛り上がった研究会になりました。

大貫先生:「d, f 電子系カイラル磁性体の電子物性」

垣花君:「EuPtSi の巨視的物性」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です