構造データや2元状態図を調べる


研究をスタートする際に,その化合物の結晶構造や育成条件を考える手助けになる状態図を調べる必要が出てきます。そのとき便利なデータベースが,無料で使える物質・材料研究機構(NIMS)の「無機材料データベース (AtomWork)」です。ユーザー登録の必要がありますので,まず登録をしてみましょう。

AtomWork(http://crystdb.nims.go.jp) にアクセスし,左上の「新規ユーザー登録」で登録をします。

サイトポリシーを読んで,同意ボタンをクリックして下さい。

登録が完了したら,トップ画面の左上の「ログイン」をクリック。登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインして下さい。

ログインすると上の画面になるので,①で化学システム(構成要素をスペースで区切って入力),化学式,物質名(英語で)を選択し,②に入力し,③をクリックして検索をします。

例えば MnSi を検索すると,上のようになります。化学式のリンクをクリックすると,詳細情報ページに移動します。

「Crystal Structure (結晶構造データ)」や「X-ray Diffraction (X線回折データ)」,「Properties (物性データ)」などが引用論文と共に表示される。上部のタブ(矢印)をクリックするとそれぞれに分けて表示される。

「Data type」の列のアイコン(例えば,「Structure」)をクリックすると,詳細データページに移動し,表示される。

例えば 「Structure」を選ぶと,結晶構造の詳細が得られる。結晶系や空間群,格子定数,原子位置など。ページ中央の「Download crystal structure data(CIF)」ボタンをクリックすると CIF (Crystal Information File)ファイルが得られる。このファイルを VESTA で開くとすぐに結晶構造図が描ける。

このページの上部に「Search phase diagram」というボタンがありますので,そこから構成元素を入力すると2元状態図が得ることもできます。興味のある化合物の情報を調べておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です