2017年 日本物理学会 秋季大会 in 岩手大学


9月21日〜24日に2017年日本物理学会秋季大会が岩手大学上田キャンパスにて行われ,私たちの研究室も参加してきました.東北ということで寒さ対策を万全にして岩手大学へと向かったわけですが,天候に恵まれたおかげなのか昼間は半袖でも過ごせるような暖かさでした.

今回,私たちは下記のようなタイトルで講演を行いました.

・オーラル

大貫先生「EuT2Si2(T:遷移金属)とEuT2Ge2単結晶の電子状態」

D2 垣花「FeSn, FeSn2と関連する化合物の電子状態」

M1 伊覇「EuCu2(Ge1-xSix)2単結晶の電子状態 II」

・ポスター

仲間先生「CuS2とCuSe2のドハース・ファンアルフェン効果による電子状態の研究」

M1 川勝「純良単結晶MnPの電子状態の研究」

全員の講演が23日だったこともあり,講演終了後にわんこそばを食べに「東家駅前店」にお邪魔しました.斯波先生や竹内先生をお誘いしたところ,快く参加していただき,賑やかかつ楽しい夕食会となりました.また,仲間先生が体調を崩され夕食会に参加できなくなってしまったのですが,ピンチヒッターとして仲村さんが参加してくださいました.みなさん参加してくださり,ありがとうございました.

以上,33500 feetからの更新でした.

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です