日本物理学会 第73回年次大会(2018年) in 東京理科大学


3月22日〜25日に日本物理学会 第73回年次大会(2018年)が東京理科大学野田キャンパスにて行われ,私たちの研究室も参加してきました.初日は若干雨も降っており寒さを感じましたが,2日目以降は天候にも恵まれ満開の桜も鑑賞することができました.

 

 

私たちは今回,下記のようなタイトルで講演を行いました.

・オーラル

仲間先生「強磁性体EuCu2P2とEuCuPの単結晶育成と電子状態」

大貫先生「立方晶キラル反強磁性体EuPtSiと関連する化合物での新しい磁性相」

D2 垣花「立方晶キラル反強磁性体EuPtSiの巨大なホール効果と磁気抵抗」

M1 伊覇「EuCu2(Ge1-xSix)2単結晶の電子状態 III」

 

・ポスター

M1 川勝「MnP, Mn2P, Ni2SnPなどのリン化合物の単結晶育成と電子状態の研究」

 

23日には,土間土間柏店にて食事会を行いました.竹内先生,仲村さん,照屋さん,比嘉さん,仲嶺さんも参加してくださり,賑やかな食事会となりました.皆さん参加してくださり,ありがとうございました.

追伸 食事会の様子を写真に収めるのを完全に忘れていました.すみませんm(_ _)m

奥の方に見えている人は気にしないでください.私の同期です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です