ブルコフ先生来学


2020年1月30日〜2月14日の期間,ヨッフェ物理学技術研究所(ロシア,サンクトペテルブルク)のA.T. Burkov先生が研究室のゲストとしていらっしゃいました。
ブルコフ先生は,2000年頃に琉球大学理学部物理系教授として3年ほど在籍していました。10年ぶりぐらいの来学です。
久々にお会いできて嬉しかったです。

2月6日には A313教室で「Thermoelectric energy conversion: history, present state and future prospects」というタイトルで,熱電効果の歴史から,熱電材料についてご講演されました。
卒研発表でも取り扱った PbTe の熱電材料としての歴史についても話されていました。
楽しいお話がいっぱい聞けました。
サンクトペテルブルクの町並みの写真も美しかったです。

2週間も滞在されていたのに,あまりお話しする時間がとれなかったのがとても残念で,心残りです。
今後も共同研究は続けていくので,どこかでお目にかかることを願います。

カレンダーとお菓子をお土産に頂きました。
カレンダーはマルチ言語対応で,日本語でサンクトペテルブルクの観光地の紹介のあるすぐれもの。
お菓子のパッケージの図柄は「プーチン」。さすがです。まだ食べられずにおります。

(文責:辺土)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です